アメリカ人が喜ぶお土産!はっきり言ってないですね〜。

お土産は持っていかなくてもいいですよ。

いや持って行かない方がいいかもです。

お土産よりも楽しい時間を過ごしてもらうおもてなしを考えた方がいいのではないでしょうか。

それは…

スポンサーリンク




消えものでないものは絶対NG!

まず、相手が欲しい指名してきたのなら別ですが、間違っても持って行かない方がいいものはこちら。

消えないもの
日本人形や和風の置物、お箸や陶器、扇子や和風アクセサリー、風呂敷や手ぬぐいや小物入れなどなど。

とにかくありがた迷惑なのですよ。アメリカ人はアジアやヨーロッパ人よりも趣味や嗜好にこだわりがあるというかなんと言うか。

もちろんアメリカと言っても、東海岸・西海岸沿いのインテリ層と中央部の素朴な地方層ではかなり違うのですが。

とにかく残るものは絶対NGなのです。

喜んでもらえるもの

相手に何が欲しいか効くのが一番です。

日本好きな人は○○が欲しいって言ってくれます。

そうすると助かるのですが、大抵はいらないっていいますから。

だって本当にお土産ってありがた迷惑なのですよ。

だから何も持って行かないほうがいいのです。

スポンサーリンク




無難なもの

私の場合、主にボストン、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンジェルス、フェニックス、シカゴのインテリ層に消えもののお土産をいろいろと試しましたが全滅でした。

抹茶などの和風の洋菓子はウケが悪し、フランスの高級洋菓子もまずまずくらいの反応。

チョコレートも無難ですね。

あとはお酒。健康志向の人はあまり嗜まなかったりしますからね。これも微妙です。

お洒落な缶の日本茶もだめでした。

喜ばれたお土産ではないもの

私のアメリカ人友人、ジェニファーちゃん。

お料理が上手で人を招待するのが何よりも楽しみなジェニファー。

しかし、彼女の悩みはお客が持ってくるお土産でして。

人を食事に招待するたびに何もいらないって言うのに、お客は大抵チョコレートかワインを持ってくる。

しかし、それを消費するのは大変でして、彼女の一家はチョコレートとワインが山のように余って困っている。

たまった手土産は、お店を開けるのではないかと思ったほどの量でびっくりでした。

というわけで、そんな彼女のお宅にお泊まり指せて頂いた時、手ぶらで行きました。

私は彼女と一緒に夕食のための買い物に行って、食材代は彼女が払うと頑に言い張ったので、二人で選んだケーキ代を私が支払うことになりました。それでもって食事の準備もお手伝いしましたよ。いつも食事は1人で準備しているから楽しいし、助かるって。

次の日には一緒に美術館に行って、入場料とその後のお茶とケーキ代を私が持ちました。

久しぶりの美術館と美味しいケーキにガースルトークをとっても喜んでくれましたね。

あとはチョコレート好きの私は、必死で溜まりに溜まったチョコレートの消費にささやかながら貢献してあげましたよ。

チョコレートの夢を見そうなくらいに。でもチョコレート大好きだから役得でしたが。

ジェニファーにとってありがた迷惑だった手土産の山のチョコレートが私の胃袋に横流しされたって状態です。

皮肉なものですね。

私はアルコールを飲まないので、ワインの消費は協力できなかったのです。ゴメン、ジェニファー。

とにかくお土産買って行かなくて正解だったわ〜!

お土産貰って困った事ありませんか?

私も何度もありがた迷惑なお土産を受け取りましたね。

特にアメリカ人へのお土産選びの難しさは顕著ですね。

お土産にこだわるよりも、相手が喜ぶことをしてあげることのほうがいいのではないでしょうか。

どうしてもお土産を持って行きたい場合は、相手に何が欲しいか聞いて望むお土産を選んでくださいませ。

スポンサーリンク