11月は、アメリカの祝日、サンクスギビングデー感謝際の季節です。アメリカの祝日、サンクスギビングデーの由来はアメリカの開拓時代に遡ります。この日は家族で過ごす日なので日本のお正月のようなものですね。お肉をあまり食べない私も、アメリカ人の奥様特製ターキーの詰め物は美味しく頂きます。感謝祭が終わるとブラックフライデーでお待ちかねの大セールですよ。

スポンサーリンク




アメリカの祝日、サンクスギビングデー感謝祭ってどんな日?


サンクスギビングデー(感謝祭)は、イギリスからアメリカのマサチューセッツの植民地にやって来た清教徒たち開拓民が最初の収穫を記念した日に由来します。植民初年の1620年は冬の厳しさも伴って死者を多く出したため、ご近所の先住インディアンにトウモロコシなどの作物の作り方を教わります。次の年は実り多き年になったため、開拓者達はインディアン達を食事に招いて感謝したことが始まりだとされています。

今ではアメリカの祝日(11月の第4木曜日、カナダが10月の第2月曜日)で、家族一同が遠方からも集まって来てターキー(七面鳥)の食事をしたり一緒に過ごしたりする日になりました。

日本で言うお正月と同じで、アメリカではクリスマスよりも何よりも、一番重要なイベントです。

アメリカ人夫婦にお呼ばれしてターキーを頂く


アメリカに住んでいる時はお世話になっているアメリカ人夫婦に「家族同然だから」と言われて、毎年お宅にご招待されておりました。

このアメリカ人夫婦の夫のほうは、もともとイギリス人だったのが、アメリカ人になったというサンクスギビングのルーツそのもののような人!

それでもって、いつもイギリスから彼の弟夫婦もわざわざやって来て過ごすのですよ。

ディナーのメニューは素朴ですがご馳走です。
家庭料理としては、一年で一番豪華なメニューですね。

感謝祭のメニューやバリエーションや食べる順所は家庭によって若干違います。それに毎年いろいろなレシピに挑戦している家庭も多々あります。日本のおせち料理が微妙にお店や家庭やその年によって違うような感じですね。

一般的には

  1. おつまみ(ナッツやカナッペ)+アペリティフ
  2. ターキーと沢山の野菜類の副菜+好きなアルコール
  3. パンプキンパイ(もしくはアップルパイ)+コーヒーか紅茶

といった感じが多いのです。

私が招待される家庭は、デザートの前にチーズとぶどうとクラッカーも頂きます。

食事のメインはもちろんターキー。

そのターキー、オーブンから出した時はジュージューいってて美味しそうなのですが、そのまま食べるだけだとちょっとぼそぼそとしているのです。

しか〜し、甘酸っぱいクランベリーソースをかけて食べると、あら不思議!
このボソボソターキーが美味しいお肉に変身です!

私のお気に入りは、内蔵と野菜とパンとハーブなどを細かく切って混ぜて、ターキーのお腹に詰めたスタッフィング。

ターキーをオーブンでジュウジュウ焼いている間にターキーのうまみがスタッフィングに染み込んでくるのですよ。とってもいい味だしてます。

私は外身のお肉よりも中身のスタッフィングのほうが好きですね。

そして副菜はもうテーブル一面に所狭しと何種類もあります。

人参のコンソメ煮、ほうれん草のクラタン、マッシュポテト、マッシュスイートポテト、インゲンのソテー、栗のローストなどなど。ホテルの小ビュッフェか?と思うくらい、沢山の副菜が用意されます。

これを自分で取り分けて好きなだけ食べるのです。

デザートは定番のパンプキンパイ。出来合いのものを買ってきたり、カボチャのピューレの缶詰を使って作る人が多い中、こちらの奥様はきちんとカボチャを使って作ります。カボチャにシナモンの香りがいい感じ!

それはもう、幸せっ!感謝、感謝です!

スポンサーリンク




感謝祭を終えるとブラックフライデーと呼ばれる翌日の金曜日。この日は、なんで有名かというとそう、大セールの開始日です。これが年末まで続きます。

そしてみんなはセールに走り、クリスマスのプレゼントを買いまくるのです。

欲しい時に欲しい物だけを買う私はこれにはあまり乗りませんが。

いや、乗りすぎると勢いに呑まれてあれもこれもと買ってしまうので要注意。

この時期、お財布は軽くなりますが、お腹も心も幸せになりますね!

感謝!感謝です!

スポンサーリンク