インドネシアのジャカルタ。オフィスビルに行けば、男性のカラフルなバティックシャツの嵐です。インドネシアはアジアの国々の中でも特にお洒落だと思いますね。インドネシア人だけではなく、各国から来たビジネスマンもインドネシアではバティック着ていますよ。可愛いバティックの制服を着る学校もあるし、飛行機までお洒落なバティックを着ていました。ユネスコ世界無形文化遺産に指定されているのは納得です。とってもお洒落ですから。

スポンサーリンク




バティックとは?

バティックBatikは、18世紀頃から作られるようになったろうけつ染めの布。インドネシアとマレーシアで一番普及していて、特にジャワ島のものが有名です。そのため、ジャワ更紗とも呼ばれています。インドネシアのバティックは、ユネスコの無形文化遺産に登録されています。バティックはタイ、インド、スリランカ、イランなどのアジアでも用いられています。

布の用途は、サロンと呼ばれる腰巻きスカート、パレオ、ハンカチ、スカーフ、頭巾などの当初の用途に加えて、パンツ、スカート、ワンピースなど。私はパレオとパンツを持っています。

ジャカルタのオフィスはバティックシャツの嵐

インドネシアの首都ジャカルタ。そこには六本木ヒルズのようなオフィスビルやショッピングモールや娯楽施設などを合わせたモダンで素敵な建物が点在しています。私はそれらの建物のロビーで朝8時半〜9時くらいの間、佇んでいます。

何をするって?それはもう、インドネシアのイケメン達が颯爽と着こなしているバティックシャツを鑑賞するためなのですよ!

その時間帯は、ビジネスマン達がロビーを通過して階上のオフィスに向うラッシュアワー。

それでもってそのビジネスマン達、とってもカラフルで素敵なバティックシャツを着ている。

次から次へとバティックシャツのイケメン達がやって来てロビーが溢れかえる。

それはもう、カラフルなバティックシャツの嵐、嵐!

ロビーの真ん中に移動すると色とりどりのバティックシャツが自分の周り360度を嵐のように行き来する。

アートを肌で体感する3Dショーって、このことよね。

あまりにも美しく目まぐるしく写真を取れないのですね。

バティックシャツの嵐が好き去った後、受付をするビジネスマン達をバシャリと撮ってみた。

ワイシャツネクタイはいないですね。インドネシアでバティックは、ハワイでいうアロハシャツみたいに正装です。

大半の女性はなぜか普通の洋服を着ています。
パティックのほうが素敵だと思うんだけどなあ。

スポンサーリンク




インドネシアの現地新聞の写真上でも各国ビジネスマンがバティックを着ていた

インドネシアの新聞のビジネス欄。こちらに掲載されていた写真で写っていた各国のビジネスマンもバティックを着てお仕事をしているのを発見!

そういえば、オバマ首相など各国首脳ももインドネシアではバティック着てましたね。

子供達の制服も可愛いバティック

インドネシアの京都みたいな古都、ジョブジャカルタを歩いていたら学校から子供達が出てくる。

か、可愛い制服♥️ いや、可愛すぎるわ!
ピンクがかった赤と白のバティックに白のスカートかパンツ。

こんな制服だったら私も着てみたいわ〜!

飛行機もバティックを着ていた

空港でもなんとバティックを着た飛行機を発見。

アート好きにはたまらないですね〜!
インドネシアは、お洒落度が高すぎてハートを射抜かれますわ〜💘

スポンサーリンク