フランスの誇るユネスコの世界遺産、ロワール渓谷の古城の一つ、アンボワーズ城の城下町を歩いてみる。

この町が遭遇した歴史を思いながら歩いてみる。

▶︎その歴史はこちら

アンボワーズは、他の田舎の古城よりは比較的大きな町ですね。

スポンサーリンク




お城とロワール川に挟まれた街並。

こちらはお城の入口前の街並。いろいろな時代の建物が入り乱れてます。

近世の建物や、

中世の建物があるかと思えば、

洞穴住居がお城の敷地の真横下にあってびっくり。お城の敷地、地盤沈下しないですよね?

なぜか、上が中世で下が近世っぽい建物も!順番が逆ではないのですか?

アンボワーズっぽくない、お洒落ターコイズの窓枠発見。

かと思えば、歴史を感じる時計台もあり。(下は潜れるようになってますの)

スポンサーリンク




アンボワーズの看板は何故かメタルの切り抜きを多く見かけました。お洒落だわ。

教会前で看板の素材みたいなメタルのパブリックチェアも発見。

▶︎アンボワーズ城はこちら

▶︎クロリュセ城はこちら

スポンサーリンク