ユネスコの世界遺産に登録されているロワール渓谷の古城をめぐりまくっていて、現在ヴィランドリー城(Château de Villandry)。の続きです。

▶︎その①お城編はこちら

ヴィランドリー城では、四季ごとに庭園を模様替えしていて、年間を通じて訪れた観光客がお庭を楽しめるように日々お手入れをしているのです。

ロワールの古城では珍しく「いつ訪れても美しいお城」なのです。

何せ多くのお城は、お庭に関しては冬は行くのを止めた方がいいくらい美しさが違うところも多くありますので。

ヴィランドリー城の庭園は主に7つのテーマで構成されています。

  1. 装飾の庭園 Le jardin d’ornement(「愛の庭」含む)
  2. 森 La Forêt
  3. 水の庭園 Le Jardin d’Eau
  4. 太陽の庭園 Le Jardin du Soleil
  5. 迷路 Le Labyrinthe
  6. シンプルな庭園 Le Jardin des Simples
  7. 装飾菜園 Le Potager
スポンサーリンク




装飾の庭園 Le jardin d’ornement

で、この装飾の庭園の内の一部は「愛の庭」ジャルダン・ダムール(Le jardin d’Amour)になっていて、4つの愛を表現しています。愛と一言で言っても、いろいろな形があるのですね。

  • 優しい愛 L’amour tendre  ♥️のモチーフ
  • 情熱の愛 L’amour passionné 情熱のあまり壊れてしまったハートが舞う様子。
  • 移り気な愛 L’amour volage 扇が移り気を意味して、真ん中の三角部分が愛する人への手紙。
  • 悲劇の愛 L’amour tragique 恋敵の決闘で使われるシャープな剣と迸る血。

私が今回行った時の「愛の庭」はお花を植えたばかりの時で、あまりカラフルではなかったのですが、時期によってはこんな感じでそれぞれの愛の色が楽しめます。

森 La Forêt

実は結構大きな森があるのですが、ここに入ったら長時間出て来れなくなりそうなので「まあ、素敵だわ〜」と、チラ見をして通り過ぎました。

左手の下が庭園やお城で、右手が森になってます。

水の庭園 Le Jardin d’Eau

白鳥が似合いすぎる水の庭園。

太陽の庭園 Le Jardin du Soleil

噴水が真ん中にあって、草原に生えていそうな素朴でカラフルな野草のようなお花がたくさん!

子供の遊び場 Aire de Jeuxもこちらに。一番奥の奥で騒がれても他の観光客に迷惑がかからない場所にさりげなくある。


スポンサーリンク




迷路 Le Labyrinthe

古城の定番、迷路。真ん中に高台があって、そこに登ると背が高ければ迷路が一望できます。

シンプルな庭園 Le Jardin des Simples

こちらは中世の典型的な庭園で、薬草やアロマテラピー用の植物が植えてあります。

長くなってしまったので、ハイライトの菜園は次回で。

スポンサーリンク