スペインのブルゴスを散策してきました。ツーリストセンターで「ブルゴスで24時間過ごすなら」(48時間版もあり)というパンフレットを参考にして回った結果、ユネスコ世界遺産のブルゴス大聖堂他、個人的に絶対に外せないと思ったブルゴスのおすすめ観光スポットを紹介します。

スポンサーリンク




  1. ブルゴス大聖堂 Catedral de Burgos
  2. マヨール広場 Plaza Mayor
  3. サンタマリア門 Arco de Santa María
  4. エスポロンの並木道 Paseo del Espolón
  5. エルシド(エル・シッド)騎馬像 Estatua del Cid Campeador
  6. コルドン邸 Casa del Cordón
  7. ミラドール(展望台とお城跡) Mirador Del Castillo
スポンサーリンク




1. ブルゴス大聖堂 Catedral de Burgos

神々しい!初めて見た時に、太陽の光がゴシック調の大聖堂全体を照らしていて、自分はこの世に本当にいるのか?と、疑った程です。中世当時、自分がこれを見たら、絶対にキリスト教を信じますね。この世のものとは思えない素晴らしさです。今までいろいろな国でたくさんの大聖堂を見て来ましたが、その中で一番インパクトがある美しい大聖堂です。

ブルゴス大聖堂はユネスコの世界遺産に登録されていて、スペインではセビリヤとトレドに続き、3番目に大きい!ですが、外観の神がかったインパクトは、トレドのそれを遥かに超えた、傑作。そう、傑作です。

ロマネスク建築の大聖堂のあった場所に、300年以上もかけて(1221-1567年)ゴシック様式の大聖堂を建築。建設当初の13世紀、ブルゴスはカスティーリャ王国の首都でした。だからこの規模になったのでしょうね。

23の礼拝堂があり、細部もプラテレスコ様式などの美しい装飾がみられ、エル・シッドなどスペインを支えて来た人々も眠っていたります。

2. マヨール広場 Plaza Mayor

マヨール広場はブルゴスの中心の広場で、カフェテラスもいい感じ。カラフルに塗られた建物が可愛いです。この周りの旧市街散策の楽しめます。

3. サンタマリア門 Arco de Santa María

もともとは城壁の門だったのを、16世紀にカルロス1世(彫刻は3段目中央)を迎えるために改築した凱旋門です。大聖堂の目の前にある門で、それをくぐるとこちらの外側に出ます。

ブルゴスにゆかりのある人物の像が立ち並んで居て、が、エルシドの像です。▶︎エルシドと伝説の炎の剣についてはこちら

カルロス一世(左)とエルシド(右)。

中をくぐるとこんな壁画もアーチ全体にあります。

4. エスポロンの並木道 Paseo del Espolón

サンタマリア門のすぐ近くにあります。こちらも活躍した様々な人物の像がプラタナスの並木と立ち並んでいます。

この騎士像、剣があったのにメタルの刃が折られて誰かに持ち去られた模様!お願いだから返してください!

5. エルシド(エル・シッド)騎馬像 Estatua del Cid Campeador

ブルゴス出身のレコンキスタの英雄、エルシドの騎馬像です。ブルゴスといえばエルシド。ブルゴスに来たら、このエルシド様にご挨拶に来ましょう!

6. コルドン邸 Casa del Cordón

このコルドン邸はリベルタ広場(Plaza de la Libertad)に面した、15世紀に建てられたカスティーリャ王国の大臣のお屋敷です。お屋敷というか、お城のような装飾ですね。

ここは、数々の物語の舞台となりました。15世紀にコロンブスが新世界から二度目の帰国をした1497年に、カトリック両王のイザベラ1世とフェルナンド2世に謁見。

1515年にハプスブルグ家のフィリップ美公(カスティーリャ王国ではフィリペ1世)が亡くなり(毒殺説あり)、その妻でカスティーリャ王のファナが発狂しだした場所でもあります。

現在は一階が銀行、上階は展示スペースになっていて、内部は撮影が禁止されています。せっかくなので、銀行でなくて、美術館か博物館にして欲しかったですね。

7. ミラドール(展望台とお城跡) Mirador Del Castillo

大聖堂の北側の丘にかつてのお城跡が残って居ます。中に入れますが、お城跡なので壁が残っている程度です。こちらはその城壁。

その中腹にミラドールと呼ばれる展望台が!

ここからの眺めは素晴らしい!ブルゴスを一望できます!

まとめ

その他、24時間でいけるスポットの中にミラドールを覗く上記6箇所の他には、

  • サンタ・マリア・デ・ラス・ウエルガス王立修道院 Monasterio de Santa María la Real de Las Huelgas(自治領を持って居た修道院で、最古のロマネスク様式に加えて、歴代に渡って改築を繰り返し、ゴシック様式、ムデハル様式も見られる。街から少し遠い)
  • 人類進化博物館 Museo de la Evolución Humana (シエラ・デ・アタプエルカの世界遺産になっている発掘場所の発掘物などが見れる。街から少し遠い)
  • バリの聖ニコラス教会(Iglesia de San Nicolás de Bari  (ロマネスク様式。大聖堂の隣にあるので行くのは便利)

48時間で行けるスポットには、上記7箇所+3箇所に加えて、

  • カルトゥジオ修道会 Cartuja de Miraflores(イサベル1世の両親、早逝した弟王子が眠る。彫刻や絵画が美しく、現在でも修道院のまま。中心街から3km程)
  • 聖ペドロ・デ・カルデーニャ修道院 Monasterio San Pedro de Cardeña  エルシドが大聖堂に移されるまで、ここで長い間眠っていた。中心街から10km程
  • 王病院 hospital del rey burgos 13世紀に建設されて、その後改装された王病院。ブルゴスの大学の一部になっている
  • Museo del Libro Fadrique de Basilea(本の歴史の博物館)
  • 聖ホアン広場 Plaza San Juan(ここにある図書館のファザートが綺麗。図書館の画像は次の町歩きページで紹介してます)

あとは、ブルゴスの街では、観光名所を巡るのもいいのですが、街歩きが素敵です。旧市街とお洒落な現代的な建物や街角アートがいい感じに共存していて、散策にとってもいい街です。

スポンサーリンク