海外旅行保険をもしかしてその都度購入していませんか?海外旅行保険はクレジットカードでカバーするのが一番です。自動付帯とキャッシュレス診療が付いて、サポート万全なものを選んで、病気怪我・携行品のカバーがよければ、とってもお得で安心ですよ。海外在住でも使える私愛用のクレジットカードを紹介します。これに随分助けれて、無料で手術や入院もしましたから。

スポンサーリンク




年に一回海外旅行するならいい海外旅行保険付きクレジットカードに

年に一回海外旅行するならいい海外旅行保険付きのクレジットカードを持つ事をおすすめします。

都度購入の海外旅行保険金一回分よりも年間のカード料金のほうが安いものもあります。

特に長期滞在ロングステイであれば、都度保険を購入すると凄い金額になりますので、絶対に海外旅行保険付きクレジットカードがお得だし必要ですね。

海外旅行保険付きクレジットカードを選ぶ基準

いい海外旅行保険金のクレジットカードを選ぶ基準はこちら。

  1. 自動付帯のもの
  2. キャッシュレス診療のもの
  3. サポート体制がよく、保険金払いがいいか
  4. 病気怪我・携行品のカバー金額が高いか

では、それらを一つ一つ見ていきます。

1. 自動付帯とは?

自動付帯とは、日本を出国して、出国スタンプさえパスポートに押して貰えれば、無条件で海外旅行保険が適用されるクレジットカードの仕組みのことです。

その逆は、利用付帯です。出国する前に、予めそのクレジットで、海外へ行く交通機関か海外で滞在するホテルで支払いを済ませることにより、海外旅行保険が適用されるクレジットカードの仕組みのことです。

クレジットカードにより、このどちらか、または、両方の仕組みを半々に取り入れているところもあるのです。

交通機関やホテルによっては、事前に支払いのできない場合もあったり、自分の持っている別のクレジットカードや家族が持つクレジットカードで決済したい場合もあるでしょう。

ですので、料金をそのカードで支払う条件のない、自動付帯のクレジットカードを持っているのが一番便利なのです。

2. キャッシュレス診療とは?

キャッスレス診療とは、渡航先の現地で病気や怪我などで病院に行かなくては行けなくなった時に、自分では支払わず、カード会社が病院にお金を直接支払ってくれる仕組みです。

これが付いていないと、自分でお金を立て替えて、日本で清算しなくてはいけなくなります。

海外での医療費は、どの国でも日本よりは高めなので、現地通貨でのある程度の金額の出費になります。

場合によっては、手持ちの現金がなかったり、支払いたいクレジットカードの限度額が低かったり、カードの種類によっては受け付けないところもあったりして、支払いができないことも考えられます。

ですので、キャッシュレス診療のついているクレジットカードをおすすめします。

キャッシュレス診療が適用されるのは、クレジットカード会社が契約している病院でのみの適用となります。

大抵は現地で最高レベルの医療機関ですので安心感があります。

その国で最高レベルのドクターが揃っていて、ホテル並みに美しいロビーだったりするところもあるのですよ。

日本で普通の病院にかかるよりもよっぽどいい場合も時折ありますね。

スポンサーリンク




3. サポート体制がよく、保険金払いがいいか

いくら自動付帯でキャッシュレス診療が付いていたとしても、サポートがしっかりしていて親身になって対応してくれるところでなければ意味がありません。

いいIT機器を買ったけど、サポートが悪くて使い方がよくわからず、使い切れていない、みたいなことになるのです。

ですので自動付帯でキャッシュレス診療の付いたこれだ!というクレジットカードを見つけた後は、ネットで評判をチェックしてみるといいですね。

病気怪我・携行品のカバー上限金額が高いか

何と言ってもいくらまで保険会社が支払ってくれるかという条件が大切になってきます。

海外旅行保険を構成を見てみると主に5つの補償に分かれます。

  1. 傷害死亡・後遺障害費用:事故で亡くなったり、後遺症が残ったとき
  2. 傷害・疾病治療費用:ケガ、病気で治療したとき 
  3. 賠償責任費用:他人のものを壊してしまったとき
  4. 携行品損害費用:持ち物がなくなったり盗まれたり壊れたりしたとき
  5. 救援者費用:ヘリなどの救援出動や、身内に助けに来てもらったとき

統計上でも私や友人の経験上でも、よく使われる費用は2の怪我や病気、4の携行品損害で、それ以外はめったにありません。

ですので、治療費用と携行品損害費用の支払上限が高い金額が設定されているクレジットカードを選ぶといいです。

スポンサーリンク




サポート万全、支払い良好。私のお気に入りのクレジットカード体験談

私の一押しはセゾンカードのアメリカンエキスプレス系です。

全て病気怪我治療300万円、携行品破損紛失30万円まで補償されます。

これはクレジットカードの海外旅行保険でトップクラスの補償です。

【独身】
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
旅行関連で公私共々多機能で使える機能やサービス付き。空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパスも付いてくる。
(年会費20,000円税別)

【家族持ち】
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレスカード
家族の分まで海外旅行保険が自動的に付く。後にプラチナカードへランクアップすることも可。空港ラウンジが無料で使えるプライオリティパスは年10,000円の有料で本人にのみ付いてくる。
(年会費10,000円税別)

【学生】
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード
お手頃な料金なのにカバーが凄い。
(年会費3,000円税別)

スポンサーリンク




私はセゾンブルーのアメリカンエキスプレスからステップアップしていって、もう18年間も使っています。

別のカードも使っていたのですが、セゾンは自動付帯でキャッシュレス診療でサポートも万全で支払いで拒否されたこともありませんので使い勝手がいいですね。

サポートの方々が迅速にとっても親切親身になって対応してくれます。

海外で病院に行かなければ行けない時に、セゾンの現地デスクに一本電話するだけで、

  • 病院探しと予約
  • 病院への支払い
  • 他の保険を併用したい場合はその保険会社とのやりとり

などなどを全て親切に迅速に行ってくれるのです。

安心して治療回復に専念できるのは嬉しいです。

このカードの条件は海外へ出国してから90日以内の滞在に適応するということなので、旅行でなくて海外ロングステイや海外在住でも使えるのです。

とっても重宝しています。

日本に3ヶ月に1回帰る人はこのカードさえあれば、いろいろなハプニングに遭っても安心です。

私は海外在住時にアメリカとアジアで何度もこのカードの海外旅行保険にお世話になりました。手術と入院をしたこともあります。

その時は百万単位のお金が動いたのですが、私は一銭も立て替えませんでした。また、私が勤務していた会社の保険を適用することもできたので、会社の保険会社の電話番号をセゾンに教えただけで、双方が話し合って支払いをどちらがどう持つか決めました。何も心配せずに、治療回復にだけ専念できて、本当に心よりありがたいと思いました。

私の友人の兄で、とある有名なカード会社のゴールドカードを持っていて、家族でアメリカに旅行をした際に自動車事故に遭いました。

家族全員が怪我をして大変な目に遭い、しかもそのクレジットカードで航空券とホテル代も全額支払ったというのに、海外旅行保険が適用されなかったケースがありました。

アメリカといえば、世界一医療費が高い国です。

その会社の規定が厳しかったせいか、適応条件に合わなかったせいかは不明ですが、話を又聞きしただけですが、何とも府に落ちない対応でした。

適応条件もしっかりチェックしておくといいですね。

あと、アメリカを旅行する際にはカード保険だけでは、何か遭った時に適応額が足らない可能性もあるので、病気・怪我の治療費は充分な金額をかけておくといいです。

あとは、海外旅行保険付きのクレジットカードを幾つか持てば、その分支払限度額が高くなりますので、数枚持つのもいいですよ。

まとめ

  • 海外旅行保険は都度保険の購入ではなく、クレジットカード付帯のものにする
  • クレジットカードは海外旅行保険の自動付帯とキャッシュレス診療が付いてサポートが万全なものを
  • おすすめはセゾンのアメリカン・エキスプレスカード
  • 医療費の高いアメリカに旅行の時だけは、合わせて都度保険も購入
スポンサーリンク