自宅ではほとんど食事をする習慣がない国や、海外長期滞在ロングステイをしたりすると、レストランやカフェやフードコートや屋台などの外食が多くなることも多々ですね。

私が東南アジアでロングステイをした時は、どの国でも数ヶ月間も外食でした。

ですので外食の健康的な食事方法として、私のレストランの選び方と料理の選び方を伝授します。

海外に到着したばかりの時は、体に悪そうであっても現地の名物を味わうのはいいのですが、それを続けていると栄養が偏ってしまいますものね。

体調や体型を崩さないためにも、そして探検スケジュールや日常生活に支障をきたさないためにも、健康的な食生活を送りたいものですね。

スポンサーリンク




レストランを選ぶ

日本料理

炉端焼き、煮魚、刺身、豆腐、おばんさい、野菜料理、しゃぶしゃぶなどのお店に行きます。

天ぷら屋、とんかつ屋、おでん屋、また、炭水化物中心のそば屋やうどん屋は避けますね。

中華料理

全体的に油を多く使っている料理が多いので、極力蒸し物のあるレストランか火鍋か飲茶に。

スポンサーリンク




アジア料理

油の多いマレー料理やラードがたっぷり入ったインド料理は避けて、ベトナム料理やタイ料理に。

欧州料理

地中海料理、プロバンス料理、イタリア料理、レバノン料理のようにオリーブオイルがベースの料理を出すレストランを選びます。

アメリカ料理

シーフードかメキシコ料理に。

ファーストフード

食材の質が低く、添加物がたくさん入っているところが多いので避けますね。ただし、良質のお肉を使ったハンバーガーショップならアリです。

料理を選ぶ

煮物、サラダ、グリル、茹でもの、蒸し物にする。炒め物と揚げ物は避けます。

ソースは、クリーム系は避けます。もしも入っている料理を注文する場合は、ソースをトマトなど別のものにかえてもらうか、塩とコショウやマスタードといった調味料で代用します。

マヨネーズやサウザンドレッシング系が入っているものは避けます。サラダを注文する場合は、代わりにレモンとオリーブオイルをもらったりします。

デザートは食べないようにしますが、どうしても食べたい場合は、ダークチョコレートか果物系にします。

小さな食習慣の積み重ねですが、ずっと続けることで健康的になりますよ。

是非お試しくださいませ。

スポンサーリンク