1000人分も作れる直径2メートルものパエリア特大鍋2つで、2000食用意されるバレンシアの中央市場の創立記念日のイベントがあったので味わってきました!スペインのバレンシアは何と言ってもパエリア発祥地!道路を封鎖して、地面に炭火を起こして豪快に作ってましたよ!ハプニングもあり。。。

スポンサーリンク




パエリアを待つ人の列が凄すぎる件

スペイン、バレンシアの情報サイトを見ていたら凄いイベントが!

週末に1000人分用の直径2メートルものパエリア特大鍋を使って、2000食のパエリアが用意されるというバレンシアの中央市場の創立記念日に用意されるのですって。

うん、これは行くしかない!

スペイン人の昼食は普通午後1時以降で、そのパエリアは2時から振る舞われるとの事。

せっかくなので作っているところも見たいわ〜。

それに行列もできると思うしね。

ということで、1時に現地到着。

わ〜凄い特大鍋!というか巨大鍋が2つも。

準備はもう始まっているわ。

あっ、おじさんがバケツでパエリアの具を特大鍋にぶちまける。
paella-big-baketsu

超豪快ですね〜!
その後は槍のように長いかき混ぜしゃもじで二人がかりでまぜまぜをしている。
paella-big-mix

そして廃品の木箱を放り投げて強火にする。ボウボウ燃える、燃え盛る!道路、焦げないよね?
paella-big-fire

もう既に列を作っている人達がいることに気付いたので慌てて並びます。
そこで前にいたおばあちゃま達とつたないスペイン語で井戸端会議を始めたら、食券のような整理コインを今日の朝11時に並んで買わなければいけないって知らされる!え〜っ!

それでもってもう既に完売御礼ですって!

そんな〜!そんなこと情報サイトに書いていなかったのに〜!

でもパエリアが余れば譲ってくれるってことなので、期待を込めて井戸端会議を続けながら並びつづけます。

スポンサーリンク




パエリア出来ました!

そしてついにパエリア完成!
元祖バレンシア風の鶏肉とインゲン+野菜のパエリアです!
paella-big-finish

スタッフ総出で給仕をしている。
paella-big-staff

無造作にお皿は積み上げられて、整理コインと交換で順番に配っていきます。
paella-big-plates

私の番がきましたが、整理コインがないのではじかれます。無念!!!

私と同じようにはじかれるひともちらほら。
みんな諦めて帰って行きます。
だって、後ろに1500人以上並んでいて、整理コイン分の人達を配り終わるだけで1時間以上はかかりそうですよ。

でもここまで並んで諦めるのもいやだし、かといってあと一時間以上並んで結局余り分がなくて食べれないってこともあるのよね。

う〜ん、悩むわ。

整理券がなくてはじかれたおばあちゃまが一人私のように残ったので、かかっていた音楽に合わせてメレンゲダンスをしたり、井戸端したりして10分くらい過ごします。

すると、
「整理コイン買いませんか?」
という救いの主が現れれる!

なんてラッキーな!一時間並ぶ必要がなくなったわ!

いやいや、そういうのってもしかしてダフ屋かしら?

一食3ユーロだけど、30ユーロとか言わないよね?

え、3ユーロでいいの?

神様、ありがとうございます!

特大鍋パエリア、食べます!

配膳をしているスタッフが私達に最後尾に改めて並ぶように言ってくる。

わ〜、上手に切り返しをする程スペイン語できないから英語で交渉しようとしたら、おばあちゃまがスタッフをまくしたてて即パエリアを貰えました。

流石、おばあちゃま。ありがとうございます。助かりました。

ということで、ようやく特大鍋のパエリアにありつきます。

記念に写真をパチリ。
しまった!骨付きお肉もごろんと入っていたけれど、苦手だから隣の人にあげちゃった後に写真撮ったから大きいお肉はなし。失礼!
paella-big-plate

こんな感じの大テーブルで食べますよ!
paella-big-table

お味のほうは、具の味が染み込んでいて美味しかったですね。

こういうのは雰囲気が一番美味しいのですよ。

ほら、お祭りの縁日の焼きそばやいか焼きを外で食べると美味しいのと同じ。

あ〜、巨大鍋のパエリアに特大満足です!

スポンサーリンク