私はイスラム教徒のお友達や元同僚が割とたくさんいます。

シンガポール人、インドネシア人、マレーシア人、モロッコ人、パキスタン人、フランス人など。

で、彼らを食事に招待する時、メニューをどうしようか一瞬迷うのです。

彼らはハラル(ハラールとは)と呼ばれる食べ物しか食べないからです。

豚肉やアルコールもNGですしね。

でもルールを知っていれば割と簡単に対応できますよ。

スポンサーリンク




ハラルとは?

ハラル(Halal)とはイスラム教の戒律に乗っ取った健康的な日常生活の行為や食べ物です。

ちなみにその反対のだめなものをハマムと呼びます。

ハラルな食べ物のことをハラルフードと呼んでいます。

食べれない!ハラルフードではないものは?

  • 豚肉とその脂
  • お祈りと特別な屠殺の仕方をしていない動物の肉
  • アルコール

野菜、果物、豆類、魚介類、卵、牛乳とほとんどのチーズはハラルフードですので、これらの食材で安心しておもてなしすることができます。

スポンサーリンク




イスラム教徒を食事に招待するときは?

私の場合、イスラム教徒の友人を自宅に招待する時は、オリーブオイルベースの魚料理、豆料理、野菜料理、又は魚介類と野菜の日本食を用意します。

ハラルのお肉を手に入れるのは街によっては大変ですからね。

日本の地方都市に留学していたマレーシア人の友人は、毎月東京からハラルの処理をしたお肉をわざわざ送ってもらっていたそうです。

食事を招待するのに一番簡単なのは、ハラルフードのみが用意されたレストランに行くことです。

日本食や中華料理、フランス料理などの普通のレストランに行くと、割と豚肉をうまみとして使っていることが多いですから。

私の場合、もともとハラルに割合近いダイエットをしているので、イスラム教徒の友人と一緒に食事をしても問題や違和感は全然ありません。

こうして改めてハラルフードを見てみると、割と健康的ですね。

 

スポンサーリンク