わたくしの一番好きなクリスマスケーキ、ブッシュドノエル@フランス。やはりおフランスのお菓子は隣国に追随を許さず、ダントツに美味しく美しいのはクリスマスも同じ。ブッシュドノエルの言葉の意味と画像をみれば、簡単に作れるレシピが思い浮かびます。そう、ブッシュドノエルって、ロールケーキなんですよ。美しいけど超簡単です!

隣国はとっても地味で、具のバリエーション以外は、アレンジのしようがないような見た目のクリスマスケーキなのですが、ブッシュドノエルは格別ですね。

ブッシュドノエルとは?

フランス語でブッシュは木や丸太、ノエルはクリスマスの意味です。ですのでつなげると「クリスマスの薪」という意味になります。

日本語表記は、ビュッシュ・ド・ノエルとするところもありますね。

ブッシュドノエルはクリスマスに食べるケーキで、見た目も形も意味そのままの薪でございます。

しか〜し、グルメ大国+お菓子大国のフランスは、それはもう有名パティシエから一般家庭までみんなが試行錯誤して、美味しくてアートなケーキを用意するのです。

もちろん手抜きケーキもありまして、しかし手抜きケーキですらアートにしてしまう素晴らしさ。

それでは、ツイートでみんなのブッシュドノエルをみてみましょう。

丸太色系

チョコレート

スターフルーツを使って星を表現
https://twitter.com/celich0u/status/680355932468080641

モンブラン

ベーゼルナッツとコーヒーのブッシュ

クリスマスらしい赤&ピンクのレッドベリー系

https://twitter.com/pastryforme/status/796777513447989249

https://twitter.com/roxaneLMP/status/680070761147666432

雪色のホワイト系

柑橘系の風味

ジンジャーブレットで作ったもの

アイスケーキでベイクドアラスカ

カラフルな果物や野菜系

最長ブッシュ

お洒落なデザイン

アンジェリーナのもの

丸太を切ったものを更に切ると中がチェックに

ピエールエルメのブチブッシュ

ピエールエルメが見事に年輪を表現

普通のロールケーキに粉砂糖かクリームかチョコをかけただけ

と、いろいろな超お洒落で美味しそうなケーキを見た後では、自分では用意できないわっ、って思いますよね。

こちらは自作で頑張った感のあるもの。

いや、本当に面倒だから作りたくないわ、私。

まあ、そうなんですけれど、ブッシュドノエルって、基本はただのロールケーキなんですよ。

フランス人はそれをアートにしています。

つまり、ロールケーキをデコレーションするだけでいいのですよ。

では、それをやっているツイートをみてみましょう。
ただのロールケーキにチョコレートソースと粉砂糖でコレだけお洒落に

ってことで、いつも私は買うのですが、これだったら私でも作りたいと思いますね。

ただし、スーパーのロールケーキだと、添加物やトランスファットがてんこ盛りなので、きちんとしたオーガニックショップやパン屋さんやケーキ屋さんのもので買うといいですね。

いや、ケーキ屋さんで買うのであれば、もう出来上がっているアートなものを買ったほうがいいです、はい。

どうしても作りたい方は、こちらの超簡単なレシピの動画がありますのでどうぞ。

フランス語のサブタイトルですが、語りなしで見れば作り方がわかるようになっています。

ということで、ヨーロッパで一番アートなクリスマスケーキ、フランスのブッシュドノエルでした。フランス最高!

スポンサーリンク