フランス、ブルターニュの名物、ガレットとクレープ。 今はガスや電気で焼くのが主流ですが、かつては炭火上の鉄板で焼いていました。 その昔ながらのガレットをだしてくれる希少なクレープレストランに行ってきました。

ガレットとは卵、チーズ、ハムなどを包んだそば粉の主食クレープです。
クレープは、フランスでは砂糖バター、ジャム、チョコ、果物など甘いものを挟んだ
小麦粉のデザートクレープのことをいいます。

クレープは通常、主食のガレットを一枚、その後デザートのクレープを一枚づつ頂きます。
一緒に頂く飲み物は、シードルという、シャンパンのような色と炭酸のあるリンゴ酒。

炭火焼でガレットを焼いているところ【動画】

炭火焼のクレープレストラン内部

leTempsDeCerisesDeco

ガレットの定番、コンプレ(卵、ハム、チーズ)

ガレット コンプレ

ラタトイユのプロバンス風ガレット

ラタトイユのクレープ

アンドゥイユ(豚の腸の腸詰め)のガレット

アンデュイユのガレット

デザートのバタークレープ

バターのクレープ

スポンサーリンク