親戚がフランスのお家を売るため、お宅のお片づけを手伝っているのですが、それはそれはいろいろな物が出てくる出てくる。

特に屋根裏。

古い手紙や絵葉書もたくさん!

絵柄がとっても昔懐かしいレトロな感じの絵葉書や、色あせた観光地の絵葉書もザクザクです。

50年以上たっているものもあるある。

これってビンテージって呼んでいいですよね。

スポンサーリンク





綺麗だし歴史を感じるので、ついつい一枚ずつ見てうっとり。

レトロだわ〜、ビンテージだわ〜、昔の絵図が古くなって更にいい雰囲気になっているわ〜! とっても素敵!

あーっ、凄いのを見つけてしまった!

このお家に住んでいた家族の旦那様がその奥様に向けて50年以上も前に送った絵ハガキ。

初めての子供が生まれたばかりの時に、研修で長期出張に出てしまった旦那様が出張先から妻へのメッセージ。

「君も息子君も元気にしているかな?
こちらは至って順調だ。
息子君は泣き過ぎて君を困らせていなければいいのだが。
とっても愛してるよ!早く帰って会いたいな。」

絵葉書なので、文章は短く簡潔だけど、その言葉は夫婦愛と家族愛に満ちていて、美しい…感動!

メールやSNSのデジタルでは感じられない、このアナログ感もいい!

スポンサーリンク





それにしても、この家族愛というものは子なしの私にはわかりませんが。

はっ!いけない。

このご夫婦はもう天上の人たちですが、プライベートを覗き見してしまったようで失礼しました。

私、まだ実家にいろいろな手紙や写真やノートを置いたままにしてあるけれど、こんな美しいストーリーの絵葉書が残ってるかしら?

それよりも黒歴史が出て来そうで怖いなあ…今度実家に行った時に全部処分しておかないと…

はっ!やばいっ!

こんな事をしていては、いつまで経ってもお家が片付かないですね。

早く整理しなければ!

スポンサーリンク