バンビエンを後に、ルアンパバーンへ。

ラオス、ルアンパバーンで、定番グルメを頂きました。

ルアンパパーンは古都だけあって、他の地方とちょっと違ったおすすめ郷土料理もあります。

  1. 川海苔 カイペーン
  2. ソーセージ(サイウア)と干し肉
  3. ひき肉炒め(ラープ)と餅米(カオニャオ)
  4. ヌードルスープ (カオ・ピヤック・セン)
  5. 肉味噌ヌードル(カオソイ)
  6. ハーブのスープ バゲットサンド(カオ・チー・サイ・クワン)
  7. スイートココナツケーキ
  8. トロピカルフルーツとココナツアイスクリーム
スポンサーリンク




1. 川海苔 カイペーン

川で採れた海藻を乾燥させた味付け川海苔です。私が頂いたのは、定番の胡麻と唐辛子味。香ばしくて、ちょっとピリっとしていて美味しいわ〜。
ラオス人によるとルアンパバーンの川海苔が一番味付けが美味しいのだそうですよ。

ちょっと違う種類ですが、道端に川海藻が干してある。

2. ソーセージ(サイウア)と干し肉

名物を食べれるセットを頼んで纏めて頂きました。ソーセージは水牛のものでプリプリでジューシー。豚ソーセージなどの種類もあります。干し肉はビーフジャーキーみたいな感じで、固めで牛肉の味がギュっと濃縮されてます。

軒先にお肉が干してある。

3. ひき肉炒め(ラープ)と餅米(カオニャオ)

ひき肉炒めは辛くなく、日本人にとって違和感がない味付けです。お肉は牛、豚、鳥、それに魚のラープもあり。種類野菜やハーブが別途沢山付いてくるお店もあります。

餅米は日本のものより軽めで食べ易いです。大抵はかわいい竹籠に入っていてお洒落です。

4. ヌードルスープ (カオ・ピヤック・セン)

私の一番お気に入りのラオス料理です。ハーブや野菜の量と種類がハンバなく多く、とってもヘルシーで。健康お宅には、絞ったライムの味とハーブの香りがたまらない絶品。

5. 肉味噌ヌードル(カオソイ)

平たい米麺と濃厚な肉味噌のスープヌードルです。ちょっとジャージャー麺みたいな感じですね。肉味噌の味が濃い場合があるので、その場合はスープに混ぜるようにして頂いてます。

スポンサーリンク




6. ハーブのスープ

たくさんの種類のハーブが入ったスープ。薬膳スープみたいな感じです。とってもヘルシー。

7. バゲットサンド(カオ・チー・サイ・クワン)

フランスの統治時代を偲ばせるバゲットを使ったサンドイッチ。具はハム、チーズ、卵、ハーブ、野菜などお好みで。

私はサラダを注文して自分でサンドイッチを作る方が好きです。その方が具も野菜を沢山食べれるので。

8. スイートココナツケーキ

スイートココナツケーキは大きなたこ焼き器みないなもので焼いているものが多くみかけます。私はバナナの葉で蒸したものを頂きました。ココナツの風味で甘さが控えめでくせのない味。

9. トロピカルフルーツとココナツアイスクリーム

エキゾチックなトロピカルフルーツがたくさん。マンゴー、チク、ドラゴンフルーツに加えて、同じみのメロンにスイカも。ココナツアイスクリーム添えで。

スポンサーリンク