フランスバスク地方のエスプレット村(Espelette)は、唐辛子の装飾と燃えるような赤色が鮮やかで目が覚醒します!

エスプレット村観光で驚くのはこの唐辛子アートだけではありません。なんと、大半の食べ物や飲み物に唐辛子を入れ、モノに唐辛子を描いたりとうがらし色にしたりと、外見も中身もとにかく唐辛子一色なのです。

エスプレット村で見つけたお土産を紹介しますね。

スポンサーリンク




食べ物

街中に唐辛子栽培を見せてくれる小ガーデンがあります。唐辛子はピカピカ輝いてました。

生唐辛子を吊るしたもの。あまりにも綺麗だったのでプラスチックかと思ったら、本物でした。時間が経つごとに黒味を帯びていきます。

唐辛子入りの食材。とにかく何にでも入っていますので、お好みのものを買うといいです。唐辛子入りマヨネーズ、唐辛子入りマスタード、唐辛子入りドレッシング、唐辛子ゼリー、唐辛子チョコレート………..などなど。ほとんどのお店が試食を行なっているので、食べて美味しいと思ったら買い!何を買うか迷ったら、スタンダードな粉末唐辛子(Piment d’Espelette)を買うといいです。シンプルなので用途が多いですから。

なんとお酒にも唐辛子が入っている!私はお酒を飲まないので、美味しいかは不明です。

ガトーバスクのお店も数軒ありましたが、唐辛子入りが何故かなし。入れたら美味しいと思うのですが…


スポンサーリンク




モノ

かわいい唐辛子バック。

エスパドリーユも唐辛子デザインのものやバスクカラーのものが!

ご近所のさくらんぼ村、Itxassou(イッツァス)村のトレードマーク、さくらんぼのシャツも。

まとめ

唐辛子の食材や唐辛子カラー製品のお土産を買うなら、やはり本場エスプレットが一番ですね!

スポンサーリンク