ユネスコの世界遺産に登録されている月の港の古都ボルドー。それはもう、パリを小さくしたような、いやそれとはまた別の魅力がある街です。世界遺産として登録されている一番古いけれども、現代的な側面も持つピエール橋を見て、歩いて感動しました!

スポンサーリンク




ピエール橋とは?

ボルドーの街を三日月形に流れるガロンヌ川。そこには7本の橋がかかっています。その内の一番古い橋が、ピエール橋(Pont de Pierre)。つい最近の1965年にサン・ジャン橋(Pont Saint Jean)が建設されるまでは、ピエール橋はボルドー市でガロンヌ川を渡る唯一の橋でした。

ナポレオンの指示により、1810年〜1822年の12年間を要して建設されます。橋のアーチはNapoléon Bonaparteの文字数に合わせて17個。橋の側面にはナポレオンの楕円飾りとボルドー市の三日月の紋章が刻まれています。

2007年にボルドーが月の港としてユネスコの世界遺産に登録された際に、この橋も登録されています。

スポンサーリンク




ピエール橋を見て渡って見た!

右岸側から、ボルドーの街の中心とピエール橋を眺めてみる。歴史を感じますね。

しかし、ピエール橋に足を踏み入れると、なんとそこは超現代的!トラムA線が走っているではないですか!線路が二本もあるし、車線が1車線ずつで歩行者通路が一番景色がいい両脇にある!古い橋なのに、利用者の利便を考えた素晴らしい作りです。

車線は自転車も通っている。遠くの対岸に見えるのはブルゴーニュ門。

ライトも超お洒落ですし、ピエール橋から眺めるボルドーは実に麗しき古都!

こう見るとパリに似ている。

橋を渡りきるとそこには立派なブルゴーニュ門が構えている。

後ろを振り返って、左岸からピエール橋を見る。どこからどうみても素敵です。さすが、ユネスコの世界遺産です。

ただ橋を渡っただけなのに何故こんなに感動するのでしょうか。これはただの橋ではないですね。ええ、そう、アートです!ピエール橋はボルドーにいったら絶対に外せない観光ハイライトです!

スポンサーリンク