ユネスコ世界遺産に登録されているフランスの街ボルドー。そのかつての正門がこのカイヨー門(La Porte Cailhau)でした。見てみてびっくり。ここは、おとぎの国の入り口にあるようなファンタジーな門でした!

スポンサーリンク




カイヨー門(La Porte Cailhau)とは?

カイヨー門(La Porte Cailhau)Porte Cailhauは、元々は14世紀に建設された街の入り口の門でした。それが1495年に、イタリアのフォルノーヴォの戦いで勝利したシャルル8世により現在の門が建設されます。高さは何と35m。

シャルル8世といえば、初めてイタリア遠征をしたフランス王。シャルル8世のおかげでフランスにイタリアのルネサンスがもたらせ始めます。ゆえに、この門はゴシック・ルネサンス様式となっています。それまでのゴシックと新しいルネサンスを組み合わせたものです。

ファンタジーなカイヨー門の周りを散策

パレ広場(宮殿広場 Place du Palais)。ここからカイヨー門が見える!とんがり屋根がファンタージーしている。

パレ広場(宮殿広場 Place du Palais)の歴代表示が同じ壁に縦並びで4箇所もあった!歴史?を感じます。

hカフェもいい感じ!

ボルドーはこのような模型がいたるところにあります。分かりやすいですね。左上がカイヨー門です。

これだけファンタジーな門は、他でもなかなかないですね。


スポンサーリンク





門は街の壁と合体していたので、壁上に通じる入り口が!

脇には門と同名のカイヨー通りがあります。

門をくぐると「サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」マーク、ホタテ貝が刻まれています。巡礼者達は、今も昔もこの門をくぐったのですね〜。

こちらが外側から見たカイヨー門。とってもインパクトのある門でした!

カイヨー門の場所

Place du Palais, 33000 Bordeaux, France

スポンサーリンク