ドイツのクリスマスケーキ、シュトーレン。始めて食べた時はまずいと思っててびっくりしました!

その後、お店やブランドも調べたり試したりして美味しいものに出会いました。

ですので、美味しいシュトーレンを選ぶ方法を伝授します。

シュトーレンは防腐剤なしなのがいいですね。
不思議と日持ちする理由もあるのです。

スポンサーリンク




ドイツのクリスマスケーキ、シュトーレンとは?


シュトーレンとはドイツのクリスマスケーキです。

正確にはラム酒漬けのドライフルーツやナッツやバターなどがたっぷり入ったパンです。

伝統的なものは一つ4kg以上もあって、クリスマスの一ヶ月程前のアベントの始まりとともに毎日少しづつ食べていたのだそうです。

クリスマスに近づくごとに熟成されてもっと美味しくなるとか。

ただし、今時は小さいサイズが主流です。

なんせ、結構重いケーキなので…

種類やブランドにもよりますが、小麦粉を100とすると、大体ですがその他の材料がこれだけ入っています!

小麦粉100:バター30:ドライフルーツ70:ナッツ10

これはカロリーが…高いです。

シュトーレンが日持ちする理由

このシュトーレン、防腐剤が入っていないのに、やたら日持ちするのです。

アベントの期間は一ヶ月近くあるので、その間食べ続けます。

腐らない理由はいくつもの秘密が…

  1. オーブンから取り出したら直ぐに溶かし無塩バターでコーティングして、粉砂糖をまぶすのでそれでケーキを覆ってガード
  2. サワードウと呼ばれる天然酵母のパン種の菌の抗カビと防腐
  3. ラム酒漬けのドライフルーツのアルコールの殺菌効果

素晴らしい天然の防腐対策ですね!先人の知恵!

スポンサーリンク




初めて味わったシュトーレンはまずかった…

私がシュトーレンを初めて味わった時は、ドイツ人のお友達がクリスマス前にドイツから本場シュトレンを仕入れてきてくれて、一緒に食べた時です。

ドライフルーツ入りのパウンドケーキを潰して粉砂糖をかけたような見た目。

「素朴で美味しそう」と思って頂いたら、食感はパンとパウンドケーキの間のようなもそもそとした感じ。

まずいっ。。。マジパン独特の風味と味が口の中に広がります。

実は私、マジパンが苦手です。
割とたくさんの方はマジパンが苦手なのではないでしょうか?

(納豆が苦手な人と同じくらい?…適当な憶測でした)

シュトーレンを買い付けてきた本場ドイツ人の彼女が「あ〜、美味しい」と言いながら幸せそうに食べているではないですか!!

私は何も言えなくなり、だまって笑顔でモクモクと食べました。
おかわりは、おなかがいっぱいになったことを理由にお断りしました。

感想は言わずに、買って来てくれたお礼だけを述べたのです。。。

その後、ドイツにクリスマスの時期に行った時に、また本場シュトーレンを味わうことに。

あるお宅でシュトレンを出されたのですが、まずい思い出があったので丁重にお断りしましたね。

しかし数種類用意されたシュトレン全てにマジパンは入っていないと再度勧められたので頂くことに。

いずれもナッツやドライフルーツの違う種類を組み合わせたもので、食べたらどれも美味しいではないですか!

特にナッツ入りは香ばしくて美味しいですね。

バリエーションで、アーモンドパウダーのみのものやチーズ入りもあります。

美味しいシュトーレンの選び方!お店は?

ということで、ますい、美味しいが極端なシュトーレン。

美味しいシュトーレンを買うには、どのお店でどのブランドのどの種類を買えばいいのかいろいろ調べたました。

結果は、マジパンさえ入っていなければ大抵のシュトーレンは美味しいってことです。

(これは独断と偏見ですので、全ての方に当てはまるとは限りません。)

シュトーレンの材料の配分は制約があるので、大きくはみ出すレシピはないはずです。

だからどのブランドやお店も味に大差はないように感じます。

もちろん良質な食材を使ってるかはキーとなりますが、お店やブランドや質よよりも、具は何が入っているかが重要です

ですので、とにかくいろいろな具入りのものを試して、お気に入りを見つけるといいです。

本当に美味しいシュトーレンを食べたいならば、個人的にはマジパンなしのナッツ入りのものをおすすめします!

スポンサーリンク