スペインのナバーラ王国時代に栄えたローマ帝国時代からある中世の街、オリテ。実はその存在を知らなかったのですが、偶然通りかかって見つけたので散策しました!歩いてすぐですが、それはそれは、美しい街でした。見どころをさくっと紹介します。

スポンサーリンク





オリテの街はなんと1世紀から存在しています。こちらは観光局で頂いた地図なのですが、右上1/3がローマ時代からある壁で囲まれた街。残りのが中世時代の壁に囲まれた街です。

1.カルロス3世広場 Plaza Carlos III El Noble

その新旧の街の境目が、ここカルロス3世広場です。

左がローマ時代からの旧市街。右側が中世から出来た新市街。広場にはピラミッドが。奥にはオリテ王宮が。

逆を向いて写真を撮ってみる。左側が中世から出来た新市街。右がローマ時代からの旧市街。

華美な装飾のアパートも中世からの街側にある。

スポンサーリンク




2.オリテ王宮 Palacio Real de Olite

古い砦を利用してカルロス3世とレオノール王妃によって作られた中世の宮殿、オリデ王宮についてはこちら

3.サンタマリア教会 Iglesia de Santa María

王宮のすぐ脇に建設されたゴシック様式の美しい教会。

ドアのファザートが8重になっているなんてなかなかないですよね。

4.パラドール・デ・オリテ Parador de Olite(テオバルドス宮殿/旧宮殿Palacio Viejo o de los Teobaldos)

こちらも古い砦を利用して作られた建物で、カルロス3世の前まで宮殿でした。現在はパラドール(国営ホテル)になっています。宿泊しなくても気軽にお茶を楽しめます。

5.サンペドロ教会 Iglesia de San Pedro

12世紀に作られたオリテ最古の教会で、ロマネスク様式の建築。後、ゴシック様式の塔が増築されたり、バロック様式で一部改築されたりしています。ここもプラタナスが美しいですね。行った時は閉まっていました…

街の外から。右端がサンペドロ教会の塔。

その他街の様子

壁の電気配線ボックスにも壁と同様に石を埋め込んでいる!無機質なボックスが壁に溶け込んでとてもいい!

新市街の門。新市街と行っても中世の街なのですが。

今度はもっと時間を取ってゆっくり訪れたい街でした!

オリテ Oliteの場所

パンプローナから電車や車で40分ほど。

スポンサーリンク