ユネスコの世界遺産、フランスのサンチャゴ巡礼路のロカマドゥールの聖域を抜けました。

これからくねくねとした、十字架の道(Chemin de Croix)を登り、聖域からお城の階層へと進みます。

十字架の道には14箇所、祠が設置されています。その中に、イエスの死刑宣告から埋葬までの受難の道のりの14シーンの着色彫刻が飾られています。杖をついた巡礼者達がこの道を歩いています。他にも道はありますが、巡礼者であればこの道を選ぶのでしょうね。

暑い!アポロン神が太陽の光をサンサンと注いでおります。

ということで、エレベーターを使う人は結構いますね。

こちらは門前町と聖域階を繋ぐエレベーター乗り場。

スポンサーリンク




まず、十字架の道。
第1留 イエス、死刑の宣告

第2留 イエス、十字架を担う。

第3留 イエス、はじめて倒れる。

第4留 イエス、母マリアに会う。写真撮り忘れ…

第5留 イエス、キレネのシモンの助けを受ける

…..

これが14も続くのですね。

厳格な信者でない私は、ちょっと別の風景が気になる。

地図を見直してみる。あ、十字架の道の途中で別の道が一本ある。しかも、お城の入り口に続く道!

スポンサーリンク




ということで脱十字架の道。ワー!門前町というか旧市街の絶景です!

旧市街の道がオスピタレの街まで続いています!私はあそこから歩いてきたのです。

お城の正面に着きましたが、どうやら私は…アポロン神の太陽にやられて体力を消耗してしまったようです。逆鱗に触れるようなことはしていないはず…

お城見学は明日にしよう。そうしよう。

今日のところはオスピタレに帰ります。

その途中展望台がありました。

ロカマドゥールのお城、聖域、旧市街の3段階の階層がよく見えます。

お城。

オスピタレの街。

どこからどう見ても絶景です!

ロカマドゥール最高!

スポンサーリンク