先日、以前一緒に海外勤務していた同年代の元同僚、れいちゃんと通話アプリで久々に会話。

今回はfacebookのメッセンジャーを使ってみました。
スカイプ程ではないけれど、音質はよかったですね。

れいちゃん、お嬢様で専業主婦で開業医の医者の妻なのですが、暇はなく子育てと家事で忙しくて家政婦さん状態って。何ですかそれ?子供を育てるって大変なのね。

老後は海外に住みたい、って?やっぱりね。

スポンサーリンク




お嬢様が家政婦さんに?


れいちゃんは、以前一緒に海外で勤務していた時の同僚です。
遠距離であまり会えませんが、心は繋がってますの。

それでもって、私達、同じところで同じ仕事をしていたのに、その後は真逆の人生を選んだ模様

れいちゃんは都会のど真ん中育ちの美人お嬢様。
海外勤務の後は日本に本帰国して、イケメン開業医とお見合い結婚へ。

直ぐに子宝に恵まれ、結局3人も子供を授かります。

お家はオシャレな洋館で、遠くからも人が見学に来る程の豪邸。

凄い勝ち組〜!

って思うわよね?

しか〜し、海外のレディファーストと都心の自由な環境で生活していたれいちゃん。
結婚後は隣接の某県に住み、ご近所はコンサバ系日本人ばかり。
そして、夫は正反対の日本の典型的な亭主関白でした。
結局夫婦仲は悪くて、豪邸の両隅の一番離れた距離のところに夫婦別々の部屋を用意して生活している。。。って、なにそれっ?!

というわけで、自由ではなく、暇もなく、育児と家事に追われる専業主婦というよりは家政婦さん状態に。。。

東南アジアでは住み込みのメイドさんを雇う人が多いし、ヨーロッパでも家事代行を頼んでいる人が多い。日本でも家事代行や宅食は増えて来ているしね。

れいちゃんも頼めばいいのに、って言ったら夫やご近所の状況で頼めないとのこと。

え〜っ!

お嬢様が、どうしてこんなことになってしまったのでしょう。。。

永遠に続く子育て?60才でやっと終わるか?

まあ、それでも子供が3人いるなんていいわよね?

子なしからすると凄いわ〜、いいわ〜、ですよね。

しかし、子育ての期間がハンバじゃなく長い!

3人っていうだけで長いのに、子供はみんな浪人の末、志望大学の医学部に6年間行くから。

なので、うまくいけばれいちゃんが60才の時に最後の子供が医学部を卒業するとのこと。

わ〜、先が長い〜!

それでも、老後は孫に囲まれたり、介護してもらえたり、最後は看取ってもらったりしてもらえるんじゃない?

って思ったら、

「いや、今時それはない、ない。ないわよ。子供って育てて終わりなのよ」

って。

「たまに孫に会えるくらいでしょう」

って。

ふ〜ん、子供は育てて終わりなのか。

だったられいちゃん、60才までの子育て、本当にご苦労様です。

やっぱり子なしって気楽よね。

スポンサーリンク




老後は海外で暮らしたい

れいちゃん、老後は海外に戻りたいとのこと。

私が「もしも老後ぼっちになったら、ぼっち友達を集めて一緒に住もうかってアイディアもある」って話したら、れいちゃんが乗って来た。

そういえば、私のシンガポールに住んでいた時の主治医が、日本人で現地に定住してくれる医者がなかなかいないとぼやいていたと言ったら、

「だったら夫がリタイアしたあと、シンガポールで働いてもらって住もうかなあ」だって。

あれ、ご主人とは仲が悪くなかったっけ?
子供がいなくなっても老後も一緒に暮らすの?

周りで家同士の政略結婚をさせられた人たちは、跡継ぎの子供を作ったらもう責任を果たした訳だから別居している例も多少あるしね。離婚はさすがに財産相続の関係で難しいけど。

あっ、れいちゃん、「喧嘩する程仲がいい」っていうあれかしら?

とにかく、子育ては大変で、育てて終わりっていう、一例ですね。それに、老後に海外住みたいって。そういう人、やっぱりいますね!

れいちゃんと私は真逆の人生を選んだけど、最後はまた一緒になるのかなあ?

スポンサーリンク